記録媒体ごとの違い|機能性も豊富な最新カーナビ|快適なカーライフを約束します
男性

機能性も豊富な最新カーナビ|快適なカーライフを約束します

記録媒体ごとの違い

カー

車に取り付けるカーナビは、機器によって記録媒体が異なるため、選ぶ際にはどのような記録媒体が使用されているかを注意しなければなりません。一昔前のカーナビであれば、記録媒体はCDによるものでした。現在ではCDタイプのデータは市場でほとんど流通していないので、このタイプのカーナビは地図情報が古く、使用する上でさまざまな問題が発生します。CDタイプのカーナビに代わり、現在主流となっているのが、HDDタイプのカーナビです。記憶容量がCDタイプのものよりも大きいので、地図データ以外にもさまざまなデータを記録することができます。カーナビの情報を見やすくするイラストやポリゴンデータを表示することができるほか、音楽や動画ファイルを記録させ、必要な時に楽しむこともできるのです。

最近の人気のカーナビといえば、記録媒体がフラッシュメモリーのカーナビです。このカーナビはデータの読み出しが早いので、カーナビを起動させてすぐにデータを表示させることができます。また、データ処理速度が早いため、機器の操作がすぐに反映されるのも特徴となっています。また、このフラッシュメモリー型のカーナビは、HDDタイプのものとは違い振動対策を行なう必要がありません。振動や衝撃を防ぐための緩衝材が要らないので、機器のサイズも非常にコンパクトなのです。データ用量が豊富で機能性に優れたHDDか、操作性がよくコンパクトなフラッシュメモリー型か、好みのカーナビを選びましょう。